【情報提供】令和5年度こども家庭庁概算要求資料について

お知らせ

 「こどもまんなか社会」の実現に向け、令和5年4月にこども家庭庁が創設されます。

この度令和5年度こども家庭庁の予算に関するPR版が示されました。

児童館もこども家庭庁に所管されることとなりますので情報提供いたします。

 

01 こども家庭庁PR版(ポイント)

02 こども家庭庁PR版(概要編)

 

児童館については「ポイント」の3枚目、年齢や制度の壁を克服した切れ目ない包括的支援

イメージ図でもこどもの居場所としてしっかりと明記されており、すべてのこどもが安心して

過ごすことができる居場所(サードプレイス)としての中心的な役割が注目されています。

 63107afd-6237a108

また、「概要版」の9枚目

「2.こどもの居場所づくり支援」の予算の中で

(2)児童館における子育て支援等の取組の推進【一部新規】

・「児童館における健全育成活動等開発事業」について、児童館における障害児の受け入れを推進

するための取組や改正児童福祉法の施行に向けた取組に関するテーマを新たに追加する。

とモデル事業実施の記載があります。

こどもがまんなか社会の実現に向け、児童館のために確保されている予算ですので詳しい情報提供がありましたらあらためてご案内させていたただきます。

 

参考リンク

こども政策の推進(こども家庭庁の設置等)|内閣官房ホームページ (cas.go.jp)

※PR版予算も掲載されています。