今年も『児童館にいってみよう』メッセージを集中的に発信します

夏休み終盤から2学期にかけて、子どもたちが命を絶つという悲しい出来事が起きてきました。当財団は3年間に亘って、「児童館にいってみよう」と呼びかけてきました。今年も多くの児童館からこのメッセージが発信されることを期待しています。発信方法などは、上記リンクをご覧ください。


メディア向けリリース