参加者募集!『改正児童館ガイドラインと これからの児童館のあり方』


改正児童館ガイドライン(平成30年度発出予定)の内容を踏まえながら、研究報告や実践発表等を

通して、これからの児童館の役割や活動のあり方について学ぶセミナーを開催します。

 

平成30518日(金)13:00~16:30

◆会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区)

◆対象:児童館・放課後児童クラブ関係者・行政担当者・研究者等

◆参加費:1,000円(当日払) / 育成財団会員無料

【プログラム】

■第42回児童健全育成賞(數納賞)授与式
■行政説明 児童館(放課後児童クラブ)の施策動向
   厚生労働省 子ども家庭局子育て支援課
■研究報告 児童厚生員における保護者支援の意識に関する研究
   中村学園大学短期大学部 幼児保育学科 講師 牛島 豊広 氏
■第42回児童健全育成賞 入賞論文発表
 ・「京都市明徳児童館『認知症理解への取組ー高齢者福祉との協働・支え合う地域へー」
        京都市 明徳児童館 館長 西尾 久美 氏
 ・「事務所を子どもたちに開放した実践事例ーお茶の間のような事務所から見えてきたものー」
        東京都三鷹市 西多世代交流センター 児童厚生員  宮村 真紀 氏
 ・「発達障がいを抱えた児童の不登校支援と保護者の支援 ―遊びでつながる子どもたちー」
        沖縄県うるま市 みどり町児童センター 館長 山城 康代 氏
 ・「予防的観点から臨んだ3年間の取り組み ―自分を大切にできる子どもにー」
        愛知県北名古屋市 鍛冶ヶ一色児童館 館長 高橋 由香里 氏
■改正児童館ガイドラインとこれからの児童館のあり方
        立正大学 社会福祉学部 教授  大竹  智 氏
     (一財)児童健全育成推進財団 理事長 鈴木 一光 氏
 
インターネットからのお申し込みはこちら