平成29年度(第42回)「児童健全育成賞(數納賞)」審査結果について

平成29年度(第42回)「児童健全育成賞(數納賞)」の審査結果を発表します。

児童健全育成賞(數納賞) 

◎京都市明徳児童館「認知症理解への取組」
 -高齢者福祉との協働・支え合う地域へ-
 京都市明徳児童館 館長 西尾 久美氏
 
◎事務所を子どもたちに開放した実践事例
 -お茶の間のような事務所から見えてきたもの-
 東京都三鷹市 西多世代交流センター 児童厚生員 宮村 真紀氏
 
※上記、児童健全育成賞(數納賞)は2編ともに受賞の水準に達しており、審査の結果、甲乙つけがたく審査委員一致で2編選定した。

 

児童健全育成賞(數納賞) 佳作

◎発達障がいを抱えた児童の不登校支援と保護者の支援
 ―遊びでつながる子ども達―
 沖縄県うるま市 みどり町児童センター 館長 山城 康代氏
 
◎家族の再統合をめざして
 岐阜県岐阜市 宗教法人天理教濃飛分教会 吉福多恵子氏
 
◎予防的観点から臨んだ3年間の取り組み
 ―自分を大切にできる子どもに―
 愛知県北名古屋市 鍜治ケ一色児童館 館長 高橋 由香里氏
 
◎過去を整理し、現在に足をつけ、未来へ進むための生い立ちの整理
 愛知県名古屋市 児童養護施設ゆうりん 主任心理士 藤嵜 真士氏
 
 

児童健全育成賞(數納賞) 奨励賞

ごちゃまぜの児童館―地域の居場所・未来へつながる活動―
 長野県松本市 寿台児童館 児童厚生員 竹内 亜哉氏
 
 

児童健全育成賞(數納賞)について、過去の受賞作品