児童厚生二級指導員を取得するには

役 割

児童館・児童クラブの機能と活動内容について理解するとともに、修得した児童健全育成活動の基礎的な知識・技術を用いて、遊びや生活を通した児童の健全な心身発達を直接的に支援する人材です。

認定要件

  1. 本財団が定める研修体系に準拠した基礎研修の理論(9科目)および実技(必修3科目+選択必修1科目)を履修した児童館・児童クラブ等に従事する現任者

必要な科目

必修科目
9科目
①健全育成論 ②児童館論 ③放課後児童クラブ論 ④安全指導・安全管理 ⑤児童の発達理論 ⑥配慮を要する児童の対応 ⑦個別援助活動 ⑧集団援助活動 ⑨地域福祉活動
選択必修科目
3科目から
合計4科目
⑩ゲーム・運動あそび ⑪表現活動 ⑫救急法 の全てを受講。
さらに、⑩か⑪の選択により、合計4科目。

   

取得方法

  1. 児童厚生員等研修会」を修了し、かつ不足科目(救急法)を取得する もしくは、
  2. 都道府県・指定都市内の児童厚生員等研修会で必要科目のすべてを履修する
     児童館連絡協議会研修実施状況

*(現任者で無い場合)本財団が認定する児童厚生員養成校での取得が可能です

概要はこちら(PDF)にまとめてあります。ぜひご覧ください。

申請方法

こちらを参照してください