42番目の県児連設立-鹿児島県児連が設立されました。

各県の児童館ネットワークである「児童館連絡協議会」。鹿児島県で組織化され、
去る10月19日に設立総会が開催されました。

 

薩摩からの新たな風~42番目の県児連設立

 平成22年10月19日(火)、鹿児島サンロイヤルホテルにて「鹿児島県児童館連絡協議会」設立総会が開催されました。鹿児島県庁ならびに関係団体のご理解・ご支援を得て立ち上がった県内関係者待望のネットワークです。

 児童館連絡協議会は全国41の都道県に設置されており、平成7年佐賀県以来となります。鹿児島県児連の設立は、「全国児童館連合会」時代から当財団の念願でもあり、設立準備から当日までサポートさせていただきました。この朗報を全国の児童館関係者とともに喜びたいと思います。

 今、児童館は保育所に次ぐ数と多様な可能性がある児童福祉施設にも関わらず、その具体的政策や方針はなおざりのように思われます。また、指定管理者制度で児童館相互の連帯は崩れつつあり、現場や県児連の活動にもさまざまな影響が出始めています。このような沈滞感を打破していく動力として、県児連にはさらなる期待が寄せられています。

 かつて、幕末・維新の折、国の流れを変えた薩摩からの新たな風、鹿児島県児連の大いなる発展を祈念します。

財団法人児童健全育成推進財団

鹿児島県児童館連絡協議会
会長 野平 稔泰(わかば児童館:鹿屋市)
事務局長 中野 兵衛(児童館チャイルド・ハウス:鹿児島市)


全国の児童館連絡協議会一覧はこちら